トップページ > 五霞工業クラブの紹介

五霞工業クラブの紹介

五霞工業クラブとは・・・

会長 吉田政巳「五霞工業クラブ」は、1964年(昭和39年)6月に当時、五霞村に立地した5社の企業により関係所管庁をはじめ、地域社会との連携を密にし、より良い経営環境の構築と、会員、事業所の健全な発展と親睦を図ることを目的とし、名称「五霞工業クラブ」として発足されました。

「五霞工業クラブ」では、各種講習会、研修会、異業種交流会、レクリエーションを積極的に実施し、異業種多岐に亘る企業とのコミュニケーションをはかり、企業と地域と五霞工業クラブ発展の為にネットワ−クの拠点として運営しております。

五霞町の中央には新4号国道首都圏中央連絡自動車道が走り、首都圏50km圏内という地理的条件を生かし、五霞町に進出する企業も年々増えて、1978年(昭和53年)にはクラブ会員企業34社となり、また発足50周年目の2014年(平成26年)にはクラブ会員企業54社となりました。現在、五霞町の3地区(川妻地区・土与部地区・江川地区)ある工業団地を中心に55社の優良企業が会員となっております。

 

 

五霞工業クラブ概要

名称 一般社団法人五霞工業クラブ
事務局
所在地
〒306-0312 茨城県猿島郡五霞町新幸谷463 (多目的集会センター内)
電話番号 0280−84−0764
FAX 0280−84−3668
代表者 会長 吉田 政巳
事務局長 菊地丈夫
発足 1964年(昭和39年)6月
会員数 58社
組織構成 会長   1名
副会長  2名
地区長  3名(川妻地区・土与部地区・江川地区)
理事   6名
監事   2名
事務局長 1名
相談役  若干名
最終更新日【最終更新日】 2019年6月20日  【ページアクセス】 0013580   このページを印刷 ページの先頭に戻る このページの先頭に戻る